HOME > 研究開発

研究開発

アウラ独自のオリジナリティを、安全にお届けするために

オリジナリティの追求

アウラの根幹は、革新的なアイディアと豊富な経験から、ほかのどこにもない独自の商品を開発すること。
たとえば光の力で染色ができるヘアカラー「ルミナマジック」や、水道水に入れるだけでミネラル還元水がつくれるタブレット「アクアチュララ」など、 既成概念にとらわれない開発力で数々の特許を取得。
工学博士でもあるドクターカワタを筆頭に、「どこにもないベネフィット」を追求し、お客様のニーズに応えていく姿勢が、今日のアウラを支えます。

ルミナマジック

ルミナマジック
特許番号 第3881688号

アクアチュララ

アクアチュララ
特許番号 第3872730号

原材料と試作を徹底すること

アウラの原材料は、国際基準(INCI)をクリアしたものだけを採用。原価よりも効能にこだわる、 という信念は創業以来変わることなく全社員に行き届いています。
さらに、心地良い使用感や高い効能効果を実現するため、研究プロセスの一部をアウトソーシング化。 その結果、常に客観性のある評価と開発までのスピードアップも可能になりました。
  研究開発
研究開発   また、自社で試作再現機(AGIHOMOMIXER=小型真空乳化装置)を備えていることも研究開発に力を入れるアウラの特徴。
納得のいく商品を世に送り出すため、また、その商品に変質や劣化が起きることのないよう、効率の悪さを覚悟の上で、 厳しい自社基準を徹底し試作を繰り返し重ねているのです。

すべては“安心できる品質”をお届けするために

過酷な開発試作過程を経て商品化された化粧品は、すべてGMP基準(製造品質管理基準)に基づいた協力工場で生産されます。
業界最高レベルのクリーンルーム、さらにエアシャワー室・空気循環殺菌装置などの設備で衛生面を徹底。
高品質な商品を安定供給できる体制も整え、製造室・充填室ともに高基準な環境で製造を行っています。
  研究開発
研究開発   そして、化粧品にとって最も重要なのが水。アウラでは、医薬品の製造にも使われる逆浸透膜とイオン交換純水装置で処理された水を使用しています。
浸透性に優れ、よりスムーズに、快適にお肌に成分を届けます。
委託生産があたり前となっている現在の化粧品市場において、開発から生産、マーケティング、梱包発送まで一括、一貫して管理するアウラ化粧品。
すべてはお客様の美しいお肌を想う、アウライズムのあらわれなのです。
  研究開発

アウラのこだわり

アウラ フィロソフィー

研究開発

アウラの奇跡